あせも

ステロイド系の薬

あせもなどの皮膚の疾患に処方される薬の一つに、ステロイドと呼ばれる薬があります。
ステロイドといえば、強烈で肌に悪い薬と捉えているような方もたくさんいると思います。
ですが、ステロイドは間違った使用方法をしなければ、それほど怖い薬ではありません。
ステロイド系、非ステロイド系の薬が存在しますが、あせもの治療薬として使用されるステロイドは弱いものになります。

赤ちゃんにも対応しているあせも治療薬などであれば、多量に含まれていることはないですから、安心して使用してください。
非ステロイド系に分類される軟膏などを、ずっと使ってもあせもが改善しないということがあります。

その時には、ステロイド系の塗り薬に切り替えて短い時間で治療するほうがいいこともあります。
乳幼児は特に、あせもの症状が長期化してしまうとトラブルを起こしかねません。
一定の期間ステロイドを駆使して、迅速にあせもを取り除くほうが赤ちゃんが不快な思いをせずに済むでしょう。
いずれにせよ、あせもがいつまでもなくならないのでしたら、皮膚科医に相談するのが妥当です。

そのときにステロイド系の薬をもらうこともありますが、不安なことがあれば医師に質問をして回答を得てください。
あせもの症状が長引けば長引くほど、色素沈着を起こす場合などがあり症状がさらに悪くなる恐れがあります。

ステロイドは使用法さえ誤らなければ、あせもなどの皮膚疾患にとても有効な薬なのです。
ステロイドに無用な警戒心を抱かず、早急にあせもを完治させることを目指しましょう。
ステロイドを巧みに使って、早めにあせもを治すことが大切です。