あせも

大人のあせも

乳幼児や子供に限ってあせもが生じると捉えている人もいるのではないでしょうか。
あせもは決して子供だけの皮膚疾患ではなく、大人であろうとあせもになるものなのです。
あせもの仕組みは汗をかいたままで放置していると発生するのですが、大人の場合にももちろん同じです。

大人に目を向けると汗と装飾品などの金属が作用しあい、あせもが悪化することもあります。
金属かぶれを伴ってしまうリスクもありますから、汗をかく時期に身に付けるアクセサリーはちゃんと消毒することが大事です。
子供のあせもと照らし合わせて、大人のあせもは症状がひどくなることがあるので用心しなければなりません。

夏に特化した皮膚疾患とあせもを位置付けている方も見られますが、冬場であっても発汗を放置しておくと引き起こされてしまいます。
とりわけブーツを履く方は、ブーツの内部が蒸れやすくあせもが足に出来ることも多々あるようです。

大人の場合は、風通しのいい服を仕事時に着れるとは限りません。
ネクタイを外せなかったり、夏場でも長袖を着ないといけないことも多々あるでしょう。
大人のあせもが生じるきっかけは複数ありますが、理由としてはやはり汗をかいてそのままにしておくパターンがほとんどです。

肌が不衛生にならないように保つ必要があり、汗をかいたら必ずしっかりと拭き取るようにしましょう。
汗を抑制するスプレーやローションといったグッズを取り入れて、汗の出る量をコントロールすることも大人のあせもには効果的です。