あせも

あせもの軟膏

あせもの軟膏には色々な種類がありますが、どのようにあせもの薬を選べばいいのでしょうか。
あせもの状態によって、薬の種類を使い分けるということが大切です。
あせも治療薬には、ステロイドを用いた軟膏とステロイド未使用の非ステロイド剤があります。

症状の軽いあせもに対して、ステロイドなどの強い薬を塗っても無駄になります。
これとは反対に、症状が悪くなったあせもに非ステロイド剤の軟膏などを使ったとしても治療は簡単ではありません。

市販で販売している軟膏を使うのであれば、あせもの症状に合ったものを選び抜かなければなりません。
炎症を引き起こしているあせもがある場合は、優しく拭いてから軟膏を付けることが大切です。
あせも用の薬には抗炎作用のある抗炎症剤が備わったものが取り扱われているため、炎症が出てきた際にはそのような薬を選びましょう。

痒いのが気になるあせもでしたら第一に痒みを止めることが大事で、掻き毟ってしまうととびひになってしまうこともあります。
加えて、掻いた後が残る場合もあるため軽視してはいけません。
軽いあせもであれば、はじめに市販の軟膏を試してみるようにしてください。

もちろん汗をかいたら放置せずにすぐに拭き取り、可能な限り涼しさを維持するようにすることもあせもを防止するには効果があります。
こういった手段をとっても症状が回復しないようであれば、そのままの状態にせずなるべく早めに病院を受診するようにしましょう。

ドラッグストアなどにも専門の薬剤師が常駐しているので、こうした専門知識のある方に相談するのも役立つのではないでしょうか。

特に背中にできるできものは、背中ニキビだと思っていたら実はあせもだったということもあります。毛穴に汚れや皮脂を溜まりづらくするためにも産毛の処理はしておきましょう。クリニックのレーザー脱毛は、医療機関しか扱えない医療レーザーを使っているのでサロンのものよりも効果的に脱毛することができます。脱毛をすることにより自己処理で肌に負担をかけることがなくなってくるので、キメが整い毛穴が目立たなくなる効果も期待できます。毛穴に汚れや皮脂が溜まるスペースが少なくなれば必然的に炎症を起こす確率も減っていきますね。

脱毛のご相談はこちらから