あせも

赤ちゃんのあせも

新陳代謝が活発な赤ちゃんや乳幼児などは、夏に特にあせもを発症しやすいものです。
体が未発達な赤ちゃんは、汗を掻くことでしか適切な体温を維持できないのです。
さらに大人と同じだけの汗腺を持っているので、体の小ささとは反対に汗かきということになります。

首・わきの下・背中などの部分にあせもは特に発症しやすく、入念なケアが求められます。
赤ちゃんがオムツを使っている場合は、いくら通気性の良いオムツは販売されているとはいえ蒸れやすくあせもが出来やすい状態になっています。
このあせもをなくするためには、1日1回、シャワーやお風呂などできれいに汚れを落とすようにしましょう。
石鹸を使う際には、石鹸が付いたままにならないようきちんときれいに洗い流すことが肝心です。

お風呂やシャワーを使ったあとには、肌に付着した水分が残らないよう充分に拭いてあげるようにしましょう。
赤ちゃんのあせもで大事なことは、汗を掻いたままの状態でほおっておかないということです。
こまめに汗をふき取り清潔な肌を保つことで、赤ちゃんのあせもは未然に防ぐことができます。

あせもが出来てしまった場合には、効果的な薬を処方して早めの対処を心がけましょう。
あせも専用の薬としては、非ステロイド剤の軟膏などのような薬が、薬局でも購入可能となっています。
ただ、状態に応じてステロイド剤などを短いあいだ用いることによって、治療をするほうが適しているケースもあります。
手を尽くしてもあせもが消えないなら、放置することなく皮膚科で適切な処置を受けましょう。

情報サイト

背中ニキビのケアなら-ケアクリームで治すニキビ]